営業未経験に教えているムシタローの営業論

どーも。ムシタローですー。

 

久しぶりの投稿です。ちょっとおろそかにしてました。

 

今日は、僕の営業に関する考え方を書きます。(いつもより真面目系)

 

今僕は、新入社員に対して少し教育をしています。

 

新入社員に対し色々教えていく中で、

 

もし会社で営業に悩んでる人、これから営業職に就く人に伝えたら少しは役に立つんじゃないかなと思ったので今回記事にしてみました。(今現在、僕は営業です。)

 

 

営業の考え方やスキルというのは営業以外でも役に立ちますから、営業職以外で働いてる人にも役に立つかもしれません。

 

 

 

ただ今回、営業の本とかにかいてある知識やテクニックとかではなく

 

僕が新入社員に教えている、僕の経験に基づく営業の考え・姿勢を書きます。

 

正直、知識等はその次のステップだと思っています。

 

いつものごとく僕なりの言葉で書いてくので、言葉が幼稚かもしれませんがあしからず。

 

最近、会社に入社した営業未経験の部下

 

まずはじめに、この記事を書くキッカケとなった僕が今教えている新入社員の君についてすこし書きます。

 

約半年前。僕の努める会社に入社してきた。中途採用で入ってきたので、職歴あり。

 

タイプ的には真面目。几帳面。事前に準備しとかないと気が済まない。頭でっかちの頑固もの。こんな感じです。

 

仕事は前職に工場勤務の1社のみで、バイト経験はなし。

 

故に、ゼロからの教育。

 

ちなみに僕の勤める会社は小さな老舗メーカーで、基本が営業

 

からしたら初めての営業。

 

なんどもいいいますが故にゼロからの教育。

 

でもね、じゅんいちダビットソン風に言うと、

 

「伸びしろですね~~~~」

(ネタのワンフレーズ)

 

です。もう伸びしろしかないんです。

 

ただ、根本の考え方なんかをしっかり教育しないと変な方向にいってしまうのでちょっと厳しく教えています。

 

いっときますけど別に僕は営業のスーパープレイヤーじゃないんですよ。

 

でも、長い事営業的な仕事に携わっているので、成績がいい人悪い人めっちゃみてるんです。

 

だから、少しは教えれると自負しています。

 

 

そんな僕がに教えていることをこれから書いていきますね。

 

営業という仕事をスムーズに行うために必要な基本的な考えぇぇ!!

 

営業というのは、会社にとってとても重要なポジションです。

 

昔は、花形(はながた)なんていわれてたくらいです。

 

なぜなら会社に売上、利益をもたらす職種だからです。

 

営業がポンコツだと会社が潤いません。

 

でも絶対に忘れてはいけません。営業だけで会社は成り立っていないということを。

 

営業がとってきた案件なんかを処理する人、会社にかかってきた電話を対応してくれる人、上げたらきりがないんですが、こういう人達がいてくれるから営業ができてるんです。

 

 

そういう気持ちがあれば、他部門・他部署とのコミュニケーションも自然ととれてきます。

 

そうすると、

 

なにか情報がはいったら、あの人の案件だからいち早く教えてあげようとか

 

普段は営業にふる事でも、これはやっといてあげようとか、

 

雑務のお願いができたりとか、

 

自分の仕事がどんどんスムーズにいくようになります。

 

成績を上げている人はこういった別部署との連携が非常に上手いです。

 

なのでこの考えは必ず持っていてほしいです。

(自分が自分がだといずれ雑務が増えパンクし、営業の精度が落ちます。)

 

これはあくまでベースです。

 

ここからはさらに営業が上手くいくようになるために僕が考える事をザザッと書いていきます。

 

会社内で営業パフォーマンスを上げるための環境を自分で作れぃぃ!!

 

・人のいいところをさがせ

仕事を長くやれば合わない人、むかつく人たくさんでてきます。

 

でもね、

 

ムカつくけどこの人この仕事やらせたら天下一品だよなぁ とか、

 

この人記憶力がすごいんだよなぁ とか、

 

仕事は微妙だけど、この人お客さんから好かれるよなぁ とか、

 

そんな感じでいいんですけど、人を認めることができると職場の人へのイライラがなくなっていきます。

 

要はストレスが減るんです。幼稚にみえるかもですけど僕の中ではこれ重要なんですよ。

 

だって、、

 

営業はモチベーション一つで結果が左右されやすいから。

 

だからストレスをなくすのは大事なんです。

 

もちろんいいところを見つけるのは社外でも同じです。そんな感じで接していると相手の自分へのあたりも変わってきて仕事がしやすくなりますよきっと。

 

・挨拶は大きい声でみんなにする

 

これ当たり前のことですが、本当にできない人多いんです。本当に。

 

もちろん仲良くやりたいとかそうゆう理由じゃぁなく、これも仕事する上で人間関係のストレスをなくすためです。

 

挨拶をしっかりできる人とできない人って、なんだろう・・会社での立ち位置がかわってくるというか・・

 

とにかく挨拶がしっかりできる人は周りのあたりも良くなり結果的に人間関係が良好になり、故にストレスが減る。

 

だから当たり前のことですが大事なんです。

 

・まとめ

 

とてつもなく簡単で当たり前のこと書きました。

 

小学生レベルですね笑

 

でもね、

 

当たり前のことすぎて忘れがちなんです。

 

「営業はモチベーション一つで結果が~」って先ほど述べましが、

 

「めちゃくちゃ嫌な事があった時」と「めちゃめちゃハッピーな事があった時」どちらのほうが営業上手くいきそうでしょうか。

 

普通にハッピーのほうが上手くいきそうじゃないですかね。

 

常にハッピーなんてお花畑な人はいないでしょうから、極力気持ちのマイナスとなりうるものは無くしていく努力をしたほうがいいと思うんですよ。

 

(それにプラスで自分なりのモチベーションを上げる何かをする。通勤・移動中の車の中では音楽を聞いて気分を上げたりとか。)

 

この当たり前のことすれば自分の周りもすこしずつ変わっていき、仕事しやすい環境になってくと思います。

 

こうやって働きやすい環境を自ら作ってください。

 

営業成績をあげるのはまずはここからじゃないでしょうか。

 

次は営業する時の心構えじゃぁぁ!!

 

次にに教えたことは、

営業の心構えです。あくまでムシ流です。

 

・会社の看板を背負っているのを忘れるな

 

商談で相手先の会社に行ったときとか、見えてないところで結構態度がひどかったり、通る人に会釈しなかったりする人結構みてるといるんですよ。

 

結構そういうのみられているんですよね。

 

なんだあの会社は・・って思われないように、Sには看板しょってるということを意識させています。

 

こうすると言葉使いとか、見えないところでの行動がしっかりしてくるんですよ。

 

営業先でテキトーな発言はしなくなります。

 

・お客(B to B)と話すときは相手の時間を奪っているものと思え

 

くだらない内容で電話したりアポ切ったりするなってことです。

 

この気持ちを忘れなければ、商談も意味のあるものにしようとし事前準備もしっかり行うようになるし、

 

電話した時にでも、気持ちのこもった「お忙しいところすみません、今よろしいですか?」など相手を気遣った言葉が自然とでてきます。

 

・巧みな話術よりも表情のほうが大事ということを知れ

 

話している時の目つき、顔つきが重要っことを知る事です。

それが、言葉に重みをつけます。

 

そんないい顔つきを作るにはどうしたらいいかですが、

自信をつけることです。

 

売り込む商品を自分なりにしっかり調べる。

そして場数をこなす。などなど。

 

こういった積み重ねが表情を作ります。

 

口がうますぎてもダメってことは、やってればわかります。

 

(ちなみに、男の顔は人生を映すっていうのが僕の持論なんで、しょーもない顔にならないようプライベートでダサいことはするなと人生の先輩感ふりかざしSにいっています(笑)自分はどうやねんって心でつっこみながら。)

 

・見た目を意識しろ

 

当たり前ですが、髭のそり残しがあり、鼻毛が出ていて、寝癖ついていて、片方のズボンの裾が靴下に入っちゃってるなんて人が、営業に来たらどうですか。

 

ちょっと極端ですけど(笑)。結局人は見た目でまず判断します。中身はそのあと。

 

上記の風貌で来たら耳パタンととじちゃって、10伝えても2くらいしか耳に入らないと思います。

 

これではもったいない。見た目だけで相手の聞く耳がかわるなら、ちゃんとしてたほうがいい。

 

寝癖や髭はあんまりないでしょうけど、結構、鼻毛って出てる人いるんですよね。

 

鼻毛出っ放だと、この人あんまりこういうの気にしないんだってなって、ちょっぴりマイナスに感じる人はいると思うのでしっかりカットするのがいいですよ。

 

あと、靴とか結構見る人多いので、革靴はしっかり磨いた方がいいです。

 

ちなみに僕は、人の靴と鼻毛めちゃ見ます(笑)

 

・めんどくさそうな人ほどいけ

 

めんどくさい人、怖そうな人って結構なるべく相手にしたくないなぁって思いがちなんですが、味方になると本当に強力なんです。

 

まわりに自分の情報を拡散してくれたり。自分に情報流してくれたり。

 

しかも結構、そういうめんどくさい人が、会社内で発言力があったりするんです。

 

なので、逆にそういう人には自分から飛び込んでいくくらいの気持でいったほうが経験上いいと思います

 

 

全体のまとめ

 

まとめますね。

 

会社内で営業パフォーマンスを上げるための環境を自分で作れぃぃ!!

 

・人のいいところをさがせ

 

・挨拶は大きい声でみんなにする

 

次は営業する時の心構えじゃぁぁ!!

 

・会社の看板を背負っているのを忘れるな

 

・お客(B to B)と話すときは相手の時間を奪っているものと思え

 

・巧みな話術よりも表情のほうが大事ということを知れ

 

・見た目を意識しろ

 

・めんどくさそうな人ほどいけ

 

こんな感じで、Sには教えました。この基本に肉付けをしていこうと思っています。

 

最初がゼロからのスタートだったので、今後「今の会社やめてもやっていけるように」という気持ちで教えてるんで、ちょっと暑苦しい感じになってしまっています(笑)

 

このあとに、トークとかかなって感じです。まぁトークは場数こなしてもらうのが一番なんですけど。

 

あと新人には新人の戦い方があります。

 

粗削りだけど本気の新人はかわいがられます。

 

だからまずこういったベース的なものが大事なのです。きっと・・・

 

 

最後に

 

この文章を書いてるときに、営業の事を営業ができないやつに言われても響かないよなぁと思ったので、念のため僕自身の営業経験も1ミリくらい記載しときます。

 

色々なジャンルの仕事してきちゃったんですが、営業的なものだと・・・

 

・家電量販店で家電売りまくりムシタロー

 

・決済システムの導入営業で飛び込み営業しまくりムシタロー

 

この2つですかね。

 

現在も営業なんですが、獲得・販売等ではなく、ルート営業に近いです。

 

上記2つどちらも、ちゃんと1位は何度かとってますので、少しは営業というものと向き合っていたことをわかっていただければうれしいです。

(家電は店舗での1位なので約30人中。決済は会社での1位なので約150人中。)

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です