キンコン西野さんの本でクラウドファンディング知った

どうも、ムシタローです。

 

以前、本屋で見つけたあの方の本。めっちゃ衝撃うけました。

 

あの方とは、

 

 

キングコングの西野亮廣さん(芸人)です!!

 

「改革のファンファーレ 現代のお金と広告」

 

っていう本なんですけど・・・・・

 

めちゃんこ衝撃うけました。

 

アンチの多い芸人さんというイメージしかなくて、あまり興味なかったんですが、

めちゃ好きになりました。

 

バカな僕でも本当に読みやすく、ここ最近で一番ウキウキというかドキドキというか

そんな感じでスラスラ読めた本です。

 

正直、この本は僕にかなり影響を与えましたよ。かなり破壊力のある本です。

 

本の中で、クラウドファンディングという用語がけっこうでてくるんですが、

 

今日は、クラウドファンディングについて少し書きます。

 

知らない方もいると思いますので、超簡単に解説します。

 

本の内容はネタバレになるので、ふせますね。

クラウドファンディングって?

 

クラウドcrowd(群衆)ファンドfund(資金)を組み合わせた造語で、

簡単にいうと、専用のインターネットサイトを通じて資金を集める方法

 

一般的な方法としては、

まず、資金の提供を受けたい人が仲介専門のウェブサイトを通じて自分の企画をプレゼン。

 

それを見て共感した人が、投資みたいな感じ。

 

クラウドファンディングのサイトって?

 

クラウドファンディングを行うサイトはいくつかあるようですが、

 

が有名じゃないかな?

 

クラウドファンディングには大きく分けて、

 

  1. 「購入型」
  2. 「寄付型」
  3. 「融資型」
  4. 「投資型」

 

この4種類のようだけど、

よく知られているのは、「購入型」で上記の2サイトも「購入型」の代表格です。

 

購入型って?

 

購入型クラウドファンディングとは、リターン(お返し)として、モノやサービスが提供されるものです。

例えば、こんな本が出したいってプレゼンをして資金を募る。お返しにサイン付きの出来上がった本をお渡しするみたいな感じ。

 

3000円の投資でこのリターン。5000円の投資でこのリターン。10000円でこのリターン。

 

みたいに投資額でも違ったリターン内容が用意されています。

 

上記2サイトをクリックしてみてみるのが一番早いですね。

 

MEMO
ちなみに、、西野さんの有名な絵本「えんとつ町のプペル」はこのクラウドファンディングをつかい制作費用をあつめています。

まとめ

 

クラウドファンディングを知って、感じた事・・・・・・それは、

 

 

物事にチャレンジしやすい世の中になったということ!

 

そして、

 

なにかを頑張ろうとしている人達に簡単に協力できるということ!

 

本当に素晴らしいシステムだと思います。

 

なんか、社会をよくしようとしている人に支援できればなと思います。(貧乏ですが)

 

なんか頭のなかでファンファーレなってきました。以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です